スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リザベン 

リザベン:
気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎の治療で、経口投与・点眼に日本初以来長く使われています。
又、皮膚のケロイド(手術などでの傷口がうまく治らず、皮膚が盛り上がったり、赤みや硬みがのこる症状)の治療、というアレルギーと関係ない症状の治療にも使われています。

もともと、リザベンはナンテンの実や葉(南天実、南天葉)が、咳止めとして用いられてきたことで(日本では主に実が使われているそうです)その成分の研究過程から、薬にしてみよう、というのが、リザベン開発の始まりでした。

ナンテンの中には、抗菌作用をしめすベルベリン、心臓に対する毒であるドメスチン、などさまざまな成分が含まれています。そして、その中でもnandinosideと呼ばれる物質にはアレルギーに対する治療効果があることがわかりました。このnandinosideがリザベンの元になった化合物(リード化合物)です。

アレルギー症状が出ているときは、免疫反応を起こすための物質(ケミカルメディエーター;ヒスタミン、ロイコトリエンなど)が免疫系の細胞(肥満細胞、好塩基球など)から放出されていますが、リザベンは、ケミカルメディエーターの放出を抑え、鼻水や喘息の発作を止めることができるのです。

このように抗アレルギー薬として開発されたのですが、リザベンの作用メカニズムを解析する過程で、ケロイドに対する治療効果が見つかりました。

ケロイドが起こる原因については、コラーゲンというタンパク質が、傷口で大量に産生されてしまって、傷口が盛り上がり、ケロイドが生ずるというわけです。

リザベンは、コラーゲン産生がとまり、傷口の余分なコラーゲンは、体内へ吸収され、ケロイドの症状が治まる、と考えられています。リザベンの登場により、ケロイドの内服薬によりこれまでのケロイド治療法は一新されました。

というわけで、リザベンの二つの治療効果を見てきましたが、アレルギーに対する作用、ケロイドに対する作用、いずれも免疫細胞からの物質放出を抑える、という意味では共通したメカニズムです。しかし、リザベンの物質放出抑制がどのようにして起こるかについては、よくわかっていません。これからのメカニズム解明が期待されます。

スポンサーサイト

必見 ★ News ★ News !! 


【日本流通新聞】2007年6月14日号

主力商品リニューアル

新成分『アント50』を配合

健康食品をネットワークビジネスで販売する当社は、このほど、
主力商品をリニューアルし、供給を開始した。
当初は6月1日から販売を予定していたが、旧製品の完売が想定よりも
早かったため、5月9日から前倒しで商品供給を開始したという。

この商品は『乳酸菌生産物質』を中心に、コエンザイムQ10、DHA、
イチョウ葉、ビール酵母、各種ビタミン類など多数の栄養成分を配合した
サプリメント。腸内環境を整えながら、さまざまな栄養成分を体内に
取り入れるというのが製品コンセプトだ。

 『乳酸菌生産物質』をベースに各時代の一番良い成分を配合提案する
『進化するサプリメント』と位置づけており、リニューアルは今回で2回目。

 今回のリニューアルでは、ブルーベリーエキスのアントシアニン含有量は
50%含有している。25%濃度の従来品に比べ、『アント50』は腸吸収が15倍に
なるという臨床データもあるという。


※本文は会社、商品名等削除しております。(会社規定により)
 詳細は資料をご請求下さい。




『糖鎖栄養素』『乳酸菌生産物質』『抗酸化物質』
最先端の全てがそろった免疫力・治癒力アップ↑のための
オールインワンパッケージ。

   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,  
       資料請求はコチラ
   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,


不妊の原因は… 






世の中には不妊治療で膨大なお金と時間を費やし、
ストレスと悩みをかかえている方たちがたくさんいますよね。

不妊原因は男性も女性も同じくらいの割合だそうです。

現代の食生活、環境、の悪化によるところが大きいと言われて
いる中、やはり体質の改善が必要不可欠です。

また、
ここにも糖鎖が関与し、乳酸菌生産物質も重要のようです。

続きを読む

免疫とストレス 



■■ 免疫とストレス ■■

ストレス社会と言われて久しい世の中ですが、このストレスというのは、私達の
肉体も精神も傷つけてしまうものです。

「ストレスで胃に穴が開きそうだ」という表現を、よく使いますが、現実に
ストレスが原因で胃潰瘍になったり、下痢になったりすることは、日常でも多く
ある事で、みなさんもご経験したり、身近な人でそうなってしまったという人を
ご存知のこともあるでしょう。

続きを読む

活性酸素は悪者!? 




呼吸によって取り込んだ酸素から発生する活性酸素は、実は私たちのカラダは想定内なのです。活性酸素はプロスタグランディン(ホルモン様物質)の合成や酵素反応を促進したり細胞内での情報の伝達の役を担っています。白血球は自ら活性酸素を作りだし、細菌などの外敵を攻撃してやっつけてくれるのです。

そして過剰な活性酸素を排除する機能も、私たちのカラダは備えているのです。スカベンジャー(抗酸化物質)と呼ばれる酵素がそれです。代表的なのはSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンなどです。

続きを読む