スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米社に「リザベン」導出 

キッセイ薬品、米社に「リザベン」導出

 キッセイ薬品工業は23日、抗アレルギー薬「 リザベン 」(一般名・トラニラスト)の自己免疫疾患領域におけるライセンスを、米ニュオンセラピューティックス社(カリフォルニア州)に導出したと発表した。リザベンは喘息に加え、ケロイド・肥厚性瘢痕の適応を持つなど、幅広い疾患への応用が期待されており、米社はキッセイ保有の治験データを活用、関節リウマチや多発性硬化症などで製品化を目指す。リザベンは気管支喘息、アレルギー性鼻炎・皮膚炎のほか、外科領域ではケロイド・肥厚性瘢痕の適応症で国内販売されている。スタンフォード大学やロンドン大学の研究によると、多発性硬化症や関節リウマチで有用性を示している。
 


http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200707/24/02801_2121.html


----------------------------------------------------


自己免疫疾患において『糖鎖』『乳酸菌生産物質』含有食品が
今!大きな役割を果たしています。
まずは クリック!クリック!
      ↓ ↓ ↓
資料請求はコチラへ

スポンサーサイト

健康年齢を全うしたいですね。 

夫放置死で猶予付き判決 
「重大だが反省している」

 パーキンソン病で寝たきりの夫を放置し、死亡させたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた元パート工員庄司聖子被告(50)に大阪地裁は20日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 宮崎英一裁判長は判決理由で、心神耗弱だったとの主張を退けた上で、庄司被告が仕事を掛け持ちして家計を支え、介護を一手に背負っていたことなどを指摘。「結果は重大だが、夫の死を望んでいたわけではなく、痛恨と感じ反省している」と述べた。

 判決によると、庄司被告は今年1月、大阪市淀川区の自宅で、寝たきりだった夫の忠さん=当時(63)=が衰弱しているのに気付きながら、医療費を惜しみ、救急隊員に不潔な室内を見られたくないなどと放置。2月5日ごろ栄養不良などによる肺炎で死亡させた。




http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007072001000467.html

---------------------------------------------------------

病気にさえならなければ、こんな悲痛な2次的ともいえる
事件は起こらなかったのではないでしょうか!?

高齢者社会において
平均寿命は健康であってこそ意味あるものです。

「健康」のためにお金をかけるのは無駄なことでしょうか?

「保険」は私たちを守ってはくれません。
病気を待って、お金を掛ける事にあなたは‘安心’を感じますか?


細胞を修復する 

ガンと『糖鎖』

細胞の修復機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
では、糖鎖がきちんと情報伝達をすれば、なぜ細胞が修復されるのでしょうか?

そのメカニズムは、糖質栄養素(8種類の単糖)を摂取して
糖鎖が正常に働き始めると、ダメージを受けた細胞の情報が
正確に幹細胞(ES細胞)に伝えられて、
幹細胞がダメージを受けた部位に行って、
ダメージを受けた細胞に置き換わって修復されるのです。

幹細胞(ES細胞)は、このように
ある細胞に変化するようにという指示を
受けると特定の細胞に変身する能力を持っています。
また、変化をする前の未分化の状態で長期間にわたって自らを複製、
再生する能力も備えています。

『糖鎖』 はDNA以上の情報量を持つ 

『糖鎖』 はDNA以上の情報量を持つ


「ポストゲノム」?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

ええ、実はヒトのDNA解読が進めば、さまざまな病気の原因が明らかとなり、
治療は飛躍的に前進するはずと大きな期待が持たれていたのですが、
実はそうならなかったのです。
DNA以上に巨大な情報量を持つ糖鎖の解読が重要であるということが、
ようやく分かってきました。
DNAはたかだか4種類の塩基(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)の
配列がある特定の可能な組み合わせの中で遺伝情報を伝えますが、
それでも理論上120億通りの組み合わせが可能だそうです。

一方、糖鎖は8種類の単糖(グルコース(ブドウ糖)、ガラクトース(乳糖)など)の
組み合わせとなり、これが自由に組み合わさるので、
可能な組み合わせは実に天文学的な数字となり、糖鎖が伝える情報量の多さは
DNAの比ではありません。

糖鎖はDNA以上に多くの情報を伝えることができる細胞間のアンテナ、
コミュニケーション・ツールだといえます。
その解明が進むことで、がんやさまざまな現代病から私たちははじめて
解放されることになるのです。

糖鎖は細胞間のコミュニケーション・ツール糖鎖はアンテナのような
働きをしていてその先端が触れることで様々な情報を細胞内に取り入れます。
そして細胞間で交信をしてネットワークを構築します。

細胞では糖鎖によって隣の細胞が正常な細胞かどうかを判断します。
もし細菌やウイルス、がん細胞などの異物を検出すれば、
これらをたたくためにさまざまな免疫活動が開始されます。

この情報収集の異常ががんや細菌・ウイルスに起因する
さまざまな病気の発症を招くそうです。
糖鎖はホルモンの受容にも関与しており、まさに現在の病気のほとんどが
糖鎖の異常に原因があるようです。
不妊もその原因の大元は精子と卵子の糖鎖の交信にあるのだそうです。
なお、がん細胞はみずからの周りに大量のヒアルロン酸を分泌し、
がん細胞の増殖を図るそうです。

続きを読む

『糖鎖』 をご存知ですか? 

ご存知ですか? 『糖鎖』

糖鎖って何?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヒトの体は約60兆個もの細胞でできています。
そのすべての細胞の表面にヒゲ状に伸びるもの、それが糖鎖です。
糖鎖はグルコースなど8種類の糖質の複雑な組み合わせでできています。
糖鎖は糖タンパク質によって細胞内とつながっています。

糖鎖はDNAの解読が進む中、21世紀の最も重要な研究テーマのひとつと言われています。
すでに生化学関連の研究は、DNAから糖鎖へとシフトしています。
「ポストゲノム」としての糖鎖の解析が急務となっているのです。


検査も受けられない。 

CTで検査中、破裂音と煙 患者は精神的ショック

 長崎県立島原病院で6月、東芝メディカルシステムズ製のコンピューター断層撮影(CT)装置が患者の検査中に故障、大きな破裂音が鳴り煙が検査室内に充満していたことが18日、分かった。

 CT装置は体にさまざまな角度からエックス線を当て、コンピューターで解析して輪切りにした画像を表示する。県は「被ばく線量は増えていない」としているが、患者は精神的ショックから、不眠や倦怠(けんたい)感を訴え通院しているという。

 故障原因は不明で、病院と東芝メディカルシステムズが調べている。

 県によると、6月29日、レントゲン室で外来患者の検査中、突然装置から数回大きな破裂音がして煙が室内に充満した。煙は撮影装置から出た。同型の機種で撮影中に事故が起きたのは国内初という。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/67551/

--------------------------------------------------------

やっぱり病気にはなりたくないですね。
こんな形で病気予防をあらためて感じる事になるとは
思いませんでした。

県は「被ばく線量は増えていない」といっているものの
先日の東京電力の誤算定(?)の件もありますから、
目に見えないだけに、とても不安です。



体外受精 

根津医師 夫婦外の体外受精160組124人誕生

 諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘院長は16日、平成8年から19年までの11年間に、不妊に悩む夫婦が第三者から卵子や精子の提供を受ける「非配偶者間体外受精」を160組に実施、このうち84人が出産、124人の子供が誕生したことを明らかにした。非配偶者間の体外受精を熱望する現場の声を公表することで、国に実施を可能とする体制の整備を促したい考えだ。

 根津院長によると、非配偶者間体外受精を実施した160組のうち、妻が早い時期に月経が止まる「早発閉経」などのために、第三者から卵子の提供を受けた夫婦は111組。このうち40人が出産し、4人が現在、妊娠中。40人のうち3人は、同様の方法で2回、出産し、生まれた子供は双子10組を含め、53人に上る。

 卵子提供者は、妻の姉妹87人(うち義姉3人)、いとこなどの親類12人、友人12人。

 また、夫が無精子症などのために第三者から精子の提供を受けたのは49組。このうち、44人が出産、1人が現在、妊娠中。44人のうち14人は同じ方法で2回出産し、生まれた子どもは三つ子1組、双子11組を含め、71人となっている。

 精子提供者は夫の父が24人、兄弟23人(うち義兄1人)、友人・知人2人となった。

 現在も非配偶者間体外受精を希望する夫婦は多いという。しかし、日本産科婦人科学会は非配偶者間体外受精を認めていない。また、厚生労働省は平成15年の報告書で、非配偶者間体外受精を容認するとしたものの、兄弟姉妹からの卵子、精子の提供は当面は認めないとしている。

 この問題をめぐっては現在、厚労省と法務省の要請で日本学術会議が、生殖医療のあり方を審議している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000072-san-soci
---------------------------------------------------------------

近年、不妊を訴える夫婦は大変な数のようです。
これも私たちをとりまく環境の変化によるところも
多いということです。

私たちがおススメのサプリには不妊から出産への
体験も出ています。

『糖鎖』 『乳酸菌生産物質』で体質を改善。
150余種の栄養素で、身体造りをしてみませんか?


資料をさし上げます。今すぐご連絡下さい。



大丈夫?日本脳炎 

日本脳炎、接種中断が4年以上に 新ワクチン開発が難航


 副作用の影響で、05年から事実上中断されている
日本脳炎の定期予防接種の再開が、新型ワクチン開発の遅れから、
大幅にずれ込むことが分かった。

再開は09年以降になる見通しという。
当初1年程度とみられた中断期間が4年以上に延びることになり、
専門家からは感染者の増加を心配する声も出始めている。
旧型ワクチンはすでに製造体制がなく在庫量も限られており、
厚生労働省は対応に苦慮している。



                  http://www.asahi.com/health/news/TKY200707140397.html

------------------------------------------------

はしかの流行の次は日本脳炎の心配が、、、

免疫力をつけることが私たちのできる
最大の防御です。

では、どうすれば免疫力をアップさせることが
できるのでしょうか?


 コチラから 『乳酸菌生産物質』について

ホモシステイン 

心疾患の危険因子「ホモシステイン」に注目

【悪玉コレステロール以上に悪者】
 心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすきっかけとなる動脈硬化。その原因として血中コレステロール、中でも悪玉コレステロールがやり玉に挙げられています。確かにコレステロールは危険因子の一つであることは否めませんが、実はコレステロール以上に今、注目されている物質があるのです。それは「ホモシステイン」なのです。
 ホモシステインは、それ自体が心筋梗塞、動脈硬化の危険因子であるとともに、コレステロールを血管壁に沈着する手助けをしている厄介な物質でもあるのです。

 【予防にはビタミンB6・B12と葉酸】 
 ホモシステイン低下療法が虚血性心疾患の予防につながるという臨床研究もあり、注目です。ただしすでに発病した高度心疾患患者の再発の予防効果は確認されていません。つまり、初期予防が一番ということです。
 日頃の生活の中では、ホモシステイン値を上昇させないためにビタミンB6、B12、葉酸を摂取することを心がけることが大切というわけです。
 ちなみにビタミンB6は鶏肉、マグロの赤身などに多く含まれています。ビタミンB12は、しじみアサリなど貝類に多く含まれています。葉酸はホウレン草や菜花など葉物野菜や納豆きな粉に多く含まれています。

------------------------------------------------------------

■血管をキレイにする効果■

『糖鎖栄養素』『乳酸菌生産物質』『抗酸化物質』
最先端の全てがそろった免疫力・治癒力アップ↑のための
オールインワンパッケージ。

   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,  
       資料請求はコチラ
   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,

【糖鎖】って何でしょう~!? 


【糖鎖】って何でしょう~!?


今日は
「糖鎖臨床医学研究会」を立ち上げ
代表として活躍されている。
村上医学博士の説明よりお話させて頂きますね。



●「糖鎖」とは?

糖鎖とは、細胞の周りに産毛状にあり
さまざまな単糖(8種類の単糖)が鎖状に連なったものです。
そしてこの糖鎖が「私たちの健康にとって非常に重要な働き」を
しているという事実が、世界の医療、生化学分野で
いま次々と発表されています



●糖鎖の働きとは?

では「私たちの健康にとって非常に重要な働き」
というのはどういうことでしょうか。

【糖鎖】の働きを説明する前に、
健康を維持するための働きについて まず、お話しましょう。


どんな人にも健康を維持するための3つの働きが備わっています。
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・その一つは、外部のストレスから体を防御する
 自己制御機能(神経系・ホルモン系)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・次に、自分と異物とを見分ける
 自己認識能力(免疫系)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・そして、傷口をきれいに治してしまうなどの
 自己再生・自己修復機能の3つです。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そして、このすべての生命機能に、
【糖鎖】が大きく深く関与しているわけです。


【糖鎖】は、さまざまな糖分子が複雑につながったもので
生体内で非常に大切な働きを担っています。

「糖」といえば、すぐ「甘いもの」といった連想が湧きますが
糖は単に生体のエネルギー源としてだけでなく

糖質が【糖鎖】を形成することで
細胞間の認識や識別、またホルモン作用、異物の排除、免役反応など

生命機能のカギともいうべき重要な働き をしているわけですね。

で、その働きを一言で言いますと
「細胞間のコミュニケーション」を、【糖鎖】が司っている ということです。



『糖鎖栄養素』『乳酸菌生産物質』『抗酸化物質』
最先端の全てがそろった免疫力・治癒力アップ↑のための
オールインワンパッケージ。

   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,  
       資料請求はコチラ
   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,






活性酸素測定キット(PLO KIT) 



お申し込みフォーム

【発売元・輸入元】
サンユーコスメティックス

【LPOキットの商品詳細】
●活性酸素測定キット(LPOキット)は、過剰発生した活性酸素により引き起こされる
あなたの身体のストレス度合いを測定するキットです。

●活性酸素によって生成される代謝物マロンジアルデヒド(MDA)が
LPOキットにより計測できます。

●採血の必要なく少量の尿で調べるので簡単、正確、安全です。

●5分以内で身体の中の活性酸素濃度のテストを可能にしました。

●LPOキットで身体の活性酸素の状態を知ることにより、
毎日の食生活バランスや身体のストレス度合い、今お摂りになっている
抗酸化物質のレベル等を判断するためのひとつの指標になります。

●LPOキットは高品質で安価です。

______________
マロンジアルデヒド(MDA)とは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
マロンジアルデヒド(MDA)は代表的な脂質過酸化生成物の一つです。
リノール酸やリノレン酸をはじめ、さらに多くの二重結合をもつアラキドン酸や
魚油中のDHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸は、活性酸素やフリーラジカルなどによる
酸化ストレスを受けると脂質過酸化反応が誘導されます。その結果連鎖反応とよばれる
フリーラジカル反応が起こり多種多様な脂質過酸化生成物が生じます。
なかでもアルデヒド基を二つもつMDAのような反応性の高いアルデヒド類は、
油脂の酸化的劣化に関与するとともに生体障害の原因物質として大きな注目が集められています。


【ご使用方法】
(1)紙コップに早朝の尿を取る。
(2)アンプルを折る。
(3)スポイトの一番上の目盛まで尿を吸い上げる。
(4)尿をアンプルの中に入れる。
(5)5分後に、表の中からアンプル内の反応液の色と合う色を選んでください。
(5分経過後も反応液は濃くなっていきますので、お時間を計ってください。)

LPO KITお申し込みフォーム
検査結果が一目でわかります。