スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ病気になるの? 

 「健康な人がうらやましい。。。。」

いいえ、全ての人が健康であるよう

人体のシステムは作られているのです。


私たち人間の身体は上手くできているものです。

必要な栄養素をもって、元来の働きをするならば

細胞単位で建てなおし、侵入者、異常者に対抗する「チカラ」を

誰もが持っているのです。

不治の病・・・それは『人の限界』ではありません。 

あくまで、「医療の限界」というべきものなのです。


健康は【食】から

見直しましょうアナタの健康、病気予防


スポンサーサイト

「痛風」はこうしておこる。 

「痛風」はこうしておこる。

痛風は尿酸値が高いとおこる病気で
風がふいても痛いと言われとても辛い病気です。

高カロリー食にやわらかいという要素が加わると、短時間に大量
のエネルギーを体内に取り入れることになるので、それだけ細胞
のエネルギー消費が激しくなり、尿酸が作られやすくなります。


尿酸とは「プリン代謝の最終産物」です。プリン体は細胞ひとつひとつの核のなかの核酸に含まれています。細胞が死ぬときにはプリン体は尿酸に分解されます。
高尿酸血症とは血中の尿酸値が異常に高くなった状態で、血液中に溶けきらない尿酸がからだの色々なところに結晶として蓄積していき、痛風を初めとする多くの障害をひきおこします。

---------------------------------------------------------

①生成の増加

肉、豆、キノコ類などのプリン体を多く含む食品をたくさん食べることや、多くの細胞が破壊されている状態(多血症などの血液疾患など)の人や燃えかすである尿酸を再利用するのに必要な酵素が少ない、あるいは、欠損している人などで尿酸値は高くなります。


②排泄の減少

腎臓の機能が低下している状態(急性・慢性糸体球体腎炎、尿路閉鎖など)ではうまく体の外へ尿酸を排出できなくなるため尿酸値は高くなります。
そして、尿酸値が高くなると、また尿酸結晶が腎臓に蓄積され、腎臓の機能が低下します。
・・・・・ こうして、悪循環におちいってしまうのです。

----------------------------------------------------------

偏った素材や、食べやすく高カロリーといった食事は
何事にもよくありませんね。

健康は「食」から。

あなたの食生活も見直してみましょう。



タバコから癌ワクチン!? 

タバコから子宮頸ガンワクチンが出来る?



【オーエンスボロ(ケンタッキー州)=USA TODAY(ローラ・アンガー)】
米ルイビル大のベネット・ジェンソンさんはインドのシン・ジェ・ギムさんらと
共同で子宮頸ガンを予防するワクチンをタバコから作る研究を進めている。

 ジェンソンさんはジョージタウン大学にいるとき、
ギムさんと共同で類似のタバコ・ワクチンを作り出すことに成功している。
そのワクチンは2006年に米食品医薬品局(FDA)の認可を受け、
メルク社から「ガルダシル」の商品名で売り出されている。

 ガルダシルが子宮頸ガンの原因となる2種のウイルスを
対象としているのに対し、開発中のワクチンは13種の
ヒトパピローマ・ウイルス(HPV)に対応することを狙っている。

 HPVと類似のタンパク質「L-2」をタバコに発現させる
人工の遺伝子を作り、タバコに注入して培養する。
6-10日後にタバコから抽出して純粋なワクチンにするという。

 成功すれば3投与分が3ドル(約360円)程度になり、
3投与で360ドルのガルダシルより大幅に安くなる。
インドのように貧困者が多い発展途上国や米国の貧困層の女性を
がんから救うのが研究者たちの目的だ。

 インドでは毎年12万人が子宮頸ガンと診断されるが、
その80%が手遅れ状態で、死亡者は8万人に達するといわれている。


--------------------------------------------------------------

子宮がんと言えば私が気をつけている事は
けい皮毒
(ボディソープ、シャンプー、リンス、入浴剤などの
入浴用品の中には、合成された化学物質(桂皮毒)が
たくさん入っています。)

妊娠女性の羊水のなかからシャンプーの成分が
検出されています。


そういうことから、

2006年5月頃より「アレッポの石鹸」を
‘頭~足先まで’まさに全身に使っています。
オリーブオイルとローレルオイルで作られています。

もちろん解毒効果の高いサプリメントも摂っています。
(*^▽^*)


身体の中から、外からキレイ♪にしましょう。


注メタボ!尿酸値の高い人 

尿酸値高いとメタボの恐れ先行指標に活用も 

 血液中の尿酸値が高い人は、生活習慣病につながる
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になりやすいことを
虎の門病院健康管理センターの辻裕之医長ら研究グループが突き止め、
4日、大阪市内で開かれた「高尿酸血症・メタボリックシンドローム
リサーチフォーラム」で発表した。

人間ドックの健診データを解析したもので、メタボリックシンドローム
を予測する因子として病気の予防、診断に役立ちそうだ。

 辻医師らは昨年、同病院で8年間に人間ドックを受診した男性
約1万4500人のデータを統計的に解析した。

BMI(体重を身長の2乗で割った値)が25以上の肥満者で
高血圧、高血糖など危険因子を複数持つメタボリックシンドローム
該当者と尿酸値、尿のpHの関連を調べたところ

初診時に尿酸が7・1mg/dl以上か尿のpHが5・5未満で
酸性が強いと、メタボリックシンドロームに陥ることが分かった。

今回の発表は、約7100人の女性について調べたもので、
尿酸値が5・1mg/dl以上で有意な関連があることが示された。

 辻医師は「性別、年齢と関係なく、尿酸値が高まれば、
メタボリックシンドロームの状態になる可能性があるので
先行指標に使える
ことが分かった」と話している。

----------------------------------------------------------

色々な病気の予防方法がわかってくるのは
嬉しいことですね。
また、原因も明らかになれば後は私たち自身がどうするか?
・・・ですね。

成人病と言われた時代、生活習慣病と言われる現代。

病気は魔物ではありませんよ。(^_-)---☆Wink







生活習慣の改善 

≪医療 生活習慣の改善・食事編(上)≫

 「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)は生活習慣病の一歩、手前。
この段階で生活習慣を改善すれば、糖尿病や心筋梗塞(こうそく)などのリスクを
下げることができます。
食事を管理する方法を、社員2人の食事記録をもとに、
神奈川県立保健福祉大学の鈴木志保子准教授に聞きました。2回に分けて紹介します。

 本紙写真報道局のGさん(44)は、定期健診では問題を指摘されておらず、
今はまだ健康だ。しかし、ウエスト周囲径は107センチ。
CTで内臓脂肪面積を測ったところ、263・6平方センチメートルで、
メタボリックシンドロームの診断基準100平方センチメートルの2・6倍もある
と分かった。

 食生活を見直すため、7月13~18日の食事を記録してみると、
栄養の偏りが目についた。

 昼食はスパゲティやコンビニ弁当。ホットケーキのティラミス添え1枚と
ピーナツクッキー2枚の組み合わせの日もあった。
夕食は、ギョーザや焼き肉など肉料理が中心。深夜に甘いものを食べることも多い。

 18日は、昼食にウナギ(ご飯大盛り)を食べた後で板チョコレートと団子、
どら焼きを買ってきた。同僚の証言では、土産物のチョコレート2粒もつまんだという。食事の合間、無意識に甘いものを口に入れる習慣は問題だ。

 Gさんの食事の写真を見た鈴木準教授は
「野菜や海草類がほとんど見られない」と指摘。
「健診結果をもとに、保健指導を受けるべきです。悪くなるときは、
血圧などの数値が一気に悪くなる。まず、自分の状況を把握し、
今後、起こりうる事態を理解することが必要です」という。

 放置すると、心筋梗塞や脳梗塞を起こし、後遺症に苦しむ恐れがある。
あるいは、糖尿病による腎症で人工透析が必要になる可能性もあり、
その場合の年間医療費は約600万円にのぼる。

 治療が必要な段階になってしまうと、食事に制限が多くなる。
しかし、今なら、食べたいものも食べながら、
カロリー摂取を控えるなどで、改善が可能だ。

 「今だから、減らす価値がある。Gさんのように食事に対する意識の低い人は、
バランスを考えるのは二の次。まずエネルギーを減らせる部分を見つける」と助言する。例えばパスタにかけた山盛りの粉チーズを減らすだけでもずいぶん違う。

 1日100キロカロリーを減らすと、70日で体脂肪1キロ分に相当する。
少しずつ体重が減っていくことが実感できれば、食事コントロールが快感に
変わるはずだ。

 「保健指導の効果を上げるには、(問題のあるメニューを)あれはダメ、これはダメ
と否定するのではなく、頻度と量を変える方法にすべきです」と鈴木准教授は話す。

=================================================================

やみくもに食事を減らすことは臓器をひ弱にしてしまう結果
にもなりかねません。
栄養バランスが大切!!

そんな方に最適のサプリメントです。
私の両親はこれで中性脂肪が確実に減りました。

   ↓ ↓ ↓
資料請求はコチラ