スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半身麻痺リハビリ用グローブ 

半身麻痺リハビリ用グローブを開発 松下電産

 松下電器産業は26日、脳卒中による後遺症で半身麻痺(まひ)が残った患者が、麻痺した側の手の指を動かせるようにするためのリハビリ訓練を手助けするグローブを開発したことを明らかにした。松下の社内ベンチャー、アクティブリンク(京都府精華町)が試作機を完成させ、10月3日から東京・有明で開催される国際福祉機器展2007に参考出展する。

 同社は昨年、半身麻痺で動かせない側の腕を動かせるように集中訓練する上半身用スーツを開発し、来年度中の商品化に向けて今年7月から実証実験に入っているが、今回はその技術を指に応用した。

 グローブを両手に装着し、健常な指の動きをセンサーが検知すると、ゴムチューブの人工筋に動作指令を出し、圧縮空気で伸縮させることで、麻痺している側の指を、健常な指と同じように動かす。左半身が麻痺している場合、健常な右手親指を動かすと左手親指も動く。指を曲げるときも伸ばすときも3段階でなめらかに動くようになっている。

 屈伸運動を繰り返すと指の関節や筋肉が固くなるのを防ぎ、機能の回復につながることから、同社では「細かい作業ができるようになり、社会復帰も早まることが期待される」(藤本弘道社長)として、来年度にも産学官連携で実証実験に着手。国に医療機器としての認可を申請し、来年度以降の商品化を目指す。

 「将来的には、通院せずに在宅でリハビリができるようにしたい」(藤本社長)としている。

---------------------------------------------------------------

脳血管疾患は3大死亡原因のひとつです。
死にいたらずとも脳血管傷害による後遺症をもたされた人は
多くなっていますね。

リハビリは毎日することがベストなので
一日も早く在宅でできるのが良いですね。

でも・・・
「脳血管傷害」できるならなりたくない。
これも生活習慣病と言えます。

アナタの生活も見直してみましょうね。


スポンサーサイト

初めて実感♪ 

 <<< うれしいお便り♪ >>>

◆こんな実感を味わったのは初めて◆

千葉県 N 様 55歳 女性


 今から19年前、34歳の頃アトピーになり、皮膚科通いは当然の事
アトピーに効くと聞けばどんな物でも試しました。

数十種類のサプリメントやクリームなど、何でも試しましたが
どれもそれなりの効き目しか得られず、痒みはかなりのもので
毎日つらい日々でした。

 2年前の1月から摂り始め
ちょうど2週間が過ぎた頃、両腕、首の回りがかゆくなり
湿疹も出てきました。

その日から2袋摂るようにしました。
すると、1週間もしないうちに湿疹は消え、かゆみも和らいできた
 では
ありませんか。こんな実感を味わったのは初めてでした。

それから毎日2袋ずつ摂り続け、ほとんど完治状態になった頃、
1袋にしてみても全く変わりません。スゴイ!!

 食生活も見直しながら、体調が悪い時は2袋、
通常は1袋と体と相談しながらの毎日です。


8月7日で55歳になりましたが、
のおかげで、肌もきれいになり、
痒みの無い生活を送れることが一番嬉しいです。

  
>>>>> CLICK !! CLICK !! <<<<<

「9月病」!? 


人ごとでない?首相入院と「9月病」の関係

 突然辞意を表明し、入院した安倍晋三首相。入院先の会見では「機能性胃腸症」と明かされた。胃や腸に病変は見られないものの、機能が低下して体調不良をもたらすというのだ。実は夏バテやストレスが原因で9月になって首相のように体調を崩したり、うつ病になったりする人が多いのだ。「9月病」といわれる今の時期のうつ病と首相を襲った病魔の関係は?

■症状は同じ

 首相の病状について13日に会見した慶応病院消化器内科診療部長で主治医の日比紀文教授は、「胃や腸を内視鏡で検査したが異常は見られないものの、機能に障害がある。1カ月前から最近まで支障がなかったのに、今日は全身に疲労が進んでいる」とした。そしてその原因について「身体の疲労やストレスの関与が少なからず認識される」との見方を示している。
 一方、「季節的な要因と疲労の蓄積、過重なストレスという点を考えると9月病の可能性は否定できない」と指摘するのは、杏林大学医学部精神神経科の古賀良彦教授。
 5月病ならぬ9月病はうつ病のこと。やる気がでない、夜は眠れず朝起きられない、気分の落ち込みなど、メンタルな面に関るだけでなく、「食欲の低下、味がわからず食事がおいしくないといった症状も特徴」(古賀教授)。胃が弱い人は、薬を飲んでも胃炎がなかなか治らないなど、身体の弱い部分の病気を伴うこともあるそうだ。
 ほかにも首相の最近の様子を振り返ると、9月病説を裏付ける点も多い。猛暑だった今年の夏は参院選の大敗と内閣改造、政治と金にまつわる問題などで心労やストレスが蓄積されたことは想像に難くない。話しかけても上の空だったり、記者会見で発言と発言の間に何秒もの間が空いたりといったことは、うつ病と結びつく。
 
■電池切れ

 実は今の時期、9月病にかかる人は多いのだ。杏林大学医学部精神神経科の初診うつ病患者が多くなるのは、毎年5月と9月。なぜ9月にも増えるのか。古賀教授は次のように話す。
 「日照時間が短くなると心理的に落ち込みやすくなるし、春から夏にかけて頑張り過ぎると身体も心も夏バテになり、心のエネルギーが枯れてしまう。加えて9月は決算などで多忙になり、わずかに残っていたエネルギーさえも使い果たし、うつ病になってしまう」
 もともとなりやすいのは、まじめで几帳面な人が多いだけに、夏の疲れを引きずったまま9月になり、決算期で多量の仕事をこなす。手抜きや息抜きがない状態が続き、ストレスもたまる一方。そのうち電池切れの携帯電話のように、全く動けなくなってしまう。
 「『悲しみ』のような気持ちの面は薬の服用で回復できる。しかし『もうひとつ元気がでない』という状態は薬では治すことができず、自分で元気を取り戻すしかない。心のエネルギーが枯渇していると充電に時間がかかるため、秋のうつ病は長引く可能性がある」

■危険信号は

 9月病も他の病と同様に早期治療がなにより。目安は
(1)寝つきが悪く睡眠不足
(2)疲れているはずなのに夜中に目が覚め、朝まで眠れず床離れが悪い-といった状態が1週間程度続いたら危険信号だ。

また、予防のために、古賀教授は日頃からストレスのこまめな解消を勧めている。
 「会社と私生活の切り替えが大切。朝の通勤電車はストレスがたまりやすいのは実験で明らかで、ガムをかむとよい。帰宅するときにはパズルなど夢中になれるものに取り組むなどすると、エネルギーの充電をしやすくなる」
 帰宅したら会社のことは忘れる。日替わりメニューでパズルや塗り絵、アロマなど、短時間夢中になれるものに取り組むのがいいという。そしてぐっすり眠ること。くれぐれもエネルギー切れにならないように。

----------------------------------------------------------------

活性酸素の発生はストレスが原因であることが最も多いです。
加えて、食欲が落ちると栄養素も欠け、バランスも崩れることで
拍車がかかりますね。

おススメの『乳酸菌生産物質』『糖鎖栄養素』『抗酸化』入り
サプリメントは副交感神経を働かせるリラックス効果もあります。

生活環境と体内環境の両面からフォローしていきませんか?





あなたのストレス度は!? 

ストレス度を点数で表示♪


ストレス社会と言われる現代。

さぁ、アナタのストレス度は!?

思った以上? 思った以下?

結果は全国レベルで順位発表~~~~\(^o^)/

     さてさて
  
      ↓↓↓

----------------------
★ストレス度チェック★
----------------------

肥満が日本を沈没させる!? 

ダイエットに救世主 逆転の発想「単位」制


 肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が増加し、このままでは「長寿国」の座も危ぶまれる日本。健全な食生活を実現させるべく、新しい栄養表示を検討する「食品機能表示研究会」がこのほど発足した。産学官が連携し、わかりやすい表示方法の策定を進めていく。(榊聡美)

■女性なら25単位…必要量の計算容易に

 肥満は、特に男性が増加傾向で平成17年国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、40~60代で3割を超えている。また、40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームとその予備軍という結果も出ている。
 肥満やメタボリックシンドロームは、命にかかわる生活習慣病を引き起こす恐れがある。一方、国民医療費もふくらむばかりで、3年連続で過去最高を更新し、33兆円を超えた。

 「肥満をどうにかしないと、日本は沈没してしまう」
 こう警鐘を鳴らすのは、同研究会の発起人である国立健康・栄養研究所、渡辺昌理事長。
 カロリーのとり過ぎが原因なのはいうまでもなく、「自分に必要なカロリーを知り、必要なだけ食べる。それ以外に王道はない」と渡辺理事長は話す。
 ところが、現行の栄養表示は健康づくりの視点から統一化されていないため、適正な食事を摂取し、体調や健康を維持するために活用されているとはいいがたい。
               ◇
 そこで、渡辺理事長らが提案するのは、80キロカロリーを1単位と換算し、生鮮・加工食品や外食のメニューなどに表示する方法だ。「80キロカロリー=1単位」は、すでに糖尿病の食事療法にも用いられている。例えば、30~40代女性の場合、1日当たりのエネルギー必要量の目安は2000キロカロリー。「1日25単位まで」とすることで、食品の表示をもとに1食当たりや、1日の総摂取カロリーの計算も容易にしやすくなる。

 カロリーと合わせ、3大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の含有量も一目でわかるようなデザインの統一マークを作成する予定だという。
 こうすることで、幅広く食と健康のつながりを認識させることができるばかりか、「(限られた)その単位で消費者を満足させる商品を提案できる食品業者だけが生き残っていく」と渡辺理事長はみる。
 同研究会は食品メーカーや流通業者など、約200社が参加する見込みで今後、研究プロジェクトを稼働させ、年内には新表示を採用した試作品を発表する予定だ。

 誰の目にもわかりやすい栄養表示が「飽食日本」の救世主となるか-。


{現行表示}
食品表示

↑ ↑
食品包装の栄養成分表示は半端な数値が目立つ。「これは作り手の論理」と渡辺理事長。写真右の商品は内容量を30グラムではなく、160キロカロリー分に調整したうえで2単位分を示す「2」と表示した方がわかりやすい

--------------------------------------------------------------------------

この表示がダイエットに効くかどうかは、さておきですが(^^;)ゞ
現代の食生活から由来していると思われる病気の数々が
医療費を圧迫している事は確かではないでしょうか?

自分が倒れるか国が倒れるか?
アメリカが出した
マクガバンレポートが有意義であったのは
個人の医療費負担が高かったためでもありましょうが、
確実に病人をも減らした訳ですから

私たちも自分で自分の健康を守る意識が大切ではないでしょうか。






鬱病の恐れ!  

中高年、不眠2週間なら鬱病の恐れ!

 不眠が鬱病(うつびょう)の初期症状となるケースが多いことから、
静岡県の「うつ自殺予防対策モデル地区」に指定されている同県富士市で
31日、不眠をチェックし、鬱病の早期発見につなげる
「睡眠キャンペーン」が行われ、30人が参加。40~60代の
働き盛りの世代の鬱病の減少を目的に
「パパ、ちゃんと寝てる?」などと書かれたチラシを配布した。

 キャンペーンに協力している静岡県精神保健福祉センターによると、
県内で自殺が最も多いのは50代で、それに次ぐ40代と60代を合わせると、
全体の約6割に及ぶ。

 同センターの中垣真通主査は、不眠が2週間続くと鬱病の疑いが高いとし、
「男性のメタボリック症候群の目安がウエスト85センチであるように、
『不眠2週間』が鬱病の代名詞になるように周知を続けたい」と話している

--------------------------------------------------------

ストレス社会と言われる現代。
環境的・心的・習慣的・様々な要因が潜んでいるのでしょう。

何にしても身体のバランスが崩れていることに
違いはないのではないでしょうか。

原因によって睡眠薬の必要、睡眠薬による悪化
があるようで、できれば薬はあまり飲みたくない私です。

我が家の不眠は今のところ
サプリメントで改善されて、年寄りも心地よく
眠れるようになり、元気してます(*^.^*)