スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体外受精 

根津医師 夫婦外の体外受精160組124人誕生

 諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘院長は16日、平成8年から19年までの11年間に、不妊に悩む夫婦が第三者から卵子や精子の提供を受ける「非配偶者間体外受精」を160組に実施、このうち84人が出産、124人の子供が誕生したことを明らかにした。非配偶者間の体外受精を熱望する現場の声を公表することで、国に実施を可能とする体制の整備を促したい考えだ。

 根津院長によると、非配偶者間体外受精を実施した160組のうち、妻が早い時期に月経が止まる「早発閉経」などのために、第三者から卵子の提供を受けた夫婦は111組。このうち40人が出産し、4人が現在、妊娠中。40人のうち3人は、同様の方法で2回、出産し、生まれた子供は双子10組を含め、53人に上る。

 卵子提供者は、妻の姉妹87人(うち義姉3人)、いとこなどの親類12人、友人12人。

 また、夫が無精子症などのために第三者から精子の提供を受けたのは49組。このうち、44人が出産、1人が現在、妊娠中。44人のうち14人は同じ方法で2回出産し、生まれた子どもは三つ子1組、双子11組を含め、71人となっている。

 精子提供者は夫の父が24人、兄弟23人(うち義兄1人)、友人・知人2人となった。

 現在も非配偶者間体外受精を希望する夫婦は多いという。しかし、日本産科婦人科学会は非配偶者間体外受精を認めていない。また、厚生労働省は平成15年の報告書で、非配偶者間体外受精を容認するとしたものの、兄弟姉妹からの卵子、精子の提供は当面は認めないとしている。

 この問題をめぐっては現在、厚労省と法務省の要請で日本学術会議が、生殖医療のあり方を審議している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000072-san-soci
---------------------------------------------------------------

近年、不妊を訴える夫婦は大変な数のようです。
これも私たちをとりまく環境の変化によるところも
多いということです。

私たちがおススメのサプリには不妊から出産への
体験も出ています。

『糖鎖』 『乳酸菌生産物質』で体質を改善。
150余種の栄養素で、身体造りをしてみませんか?


資料をさし上げます。今すぐご連絡下さい。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/110-4fa2a5c0