スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康年齢を全うしたいですね。 

夫放置死で猶予付き判決 
「重大だが反省している」

 パーキンソン病で寝たきりの夫を放置し、死亡させたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた元パート工員庄司聖子被告(50)に大阪地裁は20日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 宮崎英一裁判長は判決理由で、心神耗弱だったとの主張を退けた上で、庄司被告が仕事を掛け持ちして家計を支え、介護を一手に背負っていたことなどを指摘。「結果は重大だが、夫の死を望んでいたわけではなく、痛恨と感じ反省している」と述べた。

 判決によると、庄司被告は今年1月、大阪市淀川区の自宅で、寝たきりだった夫の忠さん=当時(63)=が衰弱しているのに気付きながら、医療費を惜しみ、救急隊員に不潔な室内を見られたくないなどと放置。2月5日ごろ栄養不良などによる肺炎で死亡させた。




http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007072001000467.html

---------------------------------------------------------

病気にさえならなければ、こんな悲痛な2次的ともいえる
事件は起こらなかったのではないでしょうか!?

高齢者社会において
平均寿命は健康であってこそ意味あるものです。

「健康」のためにお金をかけるのは無駄なことでしょうか?

「保険」は私たちを守ってはくれません。
病気を待って、お金を掛ける事にあなたは‘安心’を感じますか?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/116-f711406b