スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣の改善 

≪医療 生活習慣の改善・食事編(上)≫

 「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)は生活習慣病の一歩、手前。
この段階で生活習慣を改善すれば、糖尿病や心筋梗塞(こうそく)などのリスクを
下げることができます。
食事を管理する方法を、社員2人の食事記録をもとに、
神奈川県立保健福祉大学の鈴木志保子准教授に聞きました。2回に分けて紹介します。

 本紙写真報道局のGさん(44)は、定期健診では問題を指摘されておらず、
今はまだ健康だ。しかし、ウエスト周囲径は107センチ。
CTで内臓脂肪面積を測ったところ、263・6平方センチメートルで、
メタボリックシンドロームの診断基準100平方センチメートルの2・6倍もある
と分かった。

 食生活を見直すため、7月13~18日の食事を記録してみると、
栄養の偏りが目についた。

 昼食はスパゲティやコンビニ弁当。ホットケーキのティラミス添え1枚と
ピーナツクッキー2枚の組み合わせの日もあった。
夕食は、ギョーザや焼き肉など肉料理が中心。深夜に甘いものを食べることも多い。

 18日は、昼食にウナギ(ご飯大盛り)を食べた後で板チョコレートと団子、
どら焼きを買ってきた。同僚の証言では、土産物のチョコレート2粒もつまんだという。食事の合間、無意識に甘いものを口に入れる習慣は問題だ。

 Gさんの食事の写真を見た鈴木準教授は
「野菜や海草類がほとんど見られない」と指摘。
「健診結果をもとに、保健指導を受けるべきです。悪くなるときは、
血圧などの数値が一気に悪くなる。まず、自分の状況を把握し、
今後、起こりうる事態を理解することが必要です」という。

 放置すると、心筋梗塞や脳梗塞を起こし、後遺症に苦しむ恐れがある。
あるいは、糖尿病による腎症で人工透析が必要になる可能性もあり、
その場合の年間医療費は約600万円にのぼる。

 治療が必要な段階になってしまうと、食事に制限が多くなる。
しかし、今なら、食べたいものも食べながら、
カロリー摂取を控えるなどで、改善が可能だ。

 「今だから、減らす価値がある。Gさんのように食事に対する意識の低い人は、
バランスを考えるのは二の次。まずエネルギーを減らせる部分を見つける」と助言する。例えばパスタにかけた山盛りの粉チーズを減らすだけでもずいぶん違う。

 1日100キロカロリーを減らすと、70日で体脂肪1キロ分に相当する。
少しずつ体重が減っていくことが実感できれば、食事コントロールが快感に
変わるはずだ。

 「保健指導の効果を上げるには、(問題のあるメニューを)あれはダメ、これはダメ
と否定するのではなく、頻度と量を変える方法にすべきです」と鈴木准教授は話す。

=================================================================

やみくもに食事を減らすことは臓器をひ弱にしてしまう結果
にもなりかねません。
栄養バランスが大切!!

そんな方に最適のサプリメントです。
私の両親はこれで中性脂肪が確実に減りました。

   ↓ ↓ ↓
資料請求はコチラ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/119-c9aa6212