スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「痛風」はこうしておこる。 

「痛風」はこうしておこる。

痛風は尿酸値が高いとおこる病気で
風がふいても痛いと言われとても辛い病気です。

高カロリー食にやわらかいという要素が加わると、短時間に大量
のエネルギーを体内に取り入れることになるので、それだけ細胞
のエネルギー消費が激しくなり、尿酸が作られやすくなります。


尿酸とは「プリン代謝の最終産物」です。プリン体は細胞ひとつひとつの核のなかの核酸に含まれています。細胞が死ぬときにはプリン体は尿酸に分解されます。
高尿酸血症とは血中の尿酸値が異常に高くなった状態で、血液中に溶けきらない尿酸がからだの色々なところに結晶として蓄積していき、痛風を初めとする多くの障害をひきおこします。

---------------------------------------------------------

①生成の増加

肉、豆、キノコ類などのプリン体を多く含む食品をたくさん食べることや、多くの細胞が破壊されている状態(多血症などの血液疾患など)の人や燃えかすである尿酸を再利用するのに必要な酵素が少ない、あるいは、欠損している人などで尿酸値は高くなります。


②排泄の減少

腎臓の機能が低下している状態(急性・慢性糸体球体腎炎、尿路閉鎖など)ではうまく体の外へ尿酸を排出できなくなるため尿酸値は高くなります。
そして、尿酸値が高くなると、また尿酸結晶が腎臓に蓄積され、腎臓の機能が低下します。
・・・・・ こうして、悪循環におちいってしまうのです。

----------------------------------------------------------

偏った素材や、食べやすく高カロリーといった食事は
何事にもよくありませんね。

健康は「食」から。

あなたの食生活も見直してみましょう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/121-64bff274