スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉飛散予報 

花粉飛散、来春は東高西低? 気象協会が発表

日本気象協会は10日、来春の「花粉飛散量」の予測を発表した。

今年と比較して、北海道や東北地方の花粉は多くなる一方で、
西日本の広い地域で少なくなる見通しという。

日本気象協会によると、北海道は好天が続いた影響で
シラカバの花粉が今年の2倍以上となり
東北、関東、甲信でもスギやヒノキの花粉が
50%以上増えるとみられる。

また北陸、東海より西の地域では、
今年の飛散量を下回る所が多いと予測している。

一方で愛知、三重、滋賀、和歌山、京都、宮崎の
各府県は今年より多いという。

飛散する花粉の全体量は、7月に気温が低く、
日照時間が短かったため、北海道を除き
例年より少なくなる見通しだ。

=====================================

生活環境、食環境の変化にともない
近年「花粉症」に悩まされている方は増えていますね。

かくいう私も経験者ですが
病院の薬で逆にアレルギーが出ちゃったこともありましたが
結局は安全を極めたサプリメントに行き着きました。

『糖鎖』ってやっぱスゴイです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/135-430d854c