スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■猛威の兆し■アナタはどうする!?「タミフル」 

奈良、北海道では集団感染で学級閉鎖の学校も出るなど、インフルエンザが本格的に暴れ出した。

ところで、インフルエンザといえば治療薬タミフルだ。特効薬と期待されながらも10代の子供たちの死亡事故が相次ぎ一転、“危険薬”のレッテルを張られた。さて今シーズン、タミフルは飲むべきか? 飲まぬべきか?

 厚労省によると、01年のタミフル発売時から今年5月末までに異常な行動を報告されているのは211人、うち死亡8人。また異常行動以外の副作用をみると実に1377人が何らかの症状を訴えており、その関連による死者は71人にのぼる。

 厚労省は、タミフルと異常行動の因果関係を調査する研究班を設置したが、「今年10月の時点で販売元の中外製薬が動物実験などのデータを提出したが、(因果関係は)はっきりしていない」(厚労省担当者)と明確な結論は出ていない。

 これまでの調査結果をもとに来月上旬以降、安全対策調査会で何らか報告をのまとめる予定だが、「白黒はっきり結論がでるかわからない」(同)と何とも頼りない。今シーズン、タミフルは600万人分供給されるが、昨シーズンに比べれば供給量は半分だ。

 とはいえ、既に流行は始まっている。家族や自分がインフルエンザに罹った場合、治療はどうするのか。

 タミフルの処方について厚労省では、「今年3月、10代には、投与を差し控えるように注意喚起した。今シーズンもそれを踏襲する」と説明。「注意喚起」しか手だてがないのが実情だ。

 「薬を服用しないことで、体力のない幼児などがインフルエンザ脳症などにかかるリスクもある」と話すのはある小児科医。

 薬を服用しなかったインフルエンザ患者27人にも異常行動が見られたという報告もある。

 「われわれ医療関係者はインフルエンザの治療には留意しているが、心配なのは患者さんの側。タミフルの怖さばかりが印象に残り、インフルエンザの怖さそのものについて忘れられていないか。インフルエンザは薬の服用にかかわらず異常行動が出る。お子さんが発症した場合、2、3日は十分注意してほしい」(前出の医師)

 怖いのは、われわれの「喉元過ぎれば…」の意識かもしれない。

------------------------------------------------------------------

以前、子どもが小さかった頃(乳児期と幼児期)に
私は2度インフルエンザにかかりました。

それでも、この小さな子どもと離れるわけにもいかず
寝るときも同じ布団というような生活でした。

しかし、子どもは感染しませんでした。

たとえ、インフルエンザであっても
免疫さえ正常に働いていれば、感染することはないのだと
つくづく思いました。

そのため、健康食品は私にとって
欠かせないものとなったのです。

インフルエンザにか関わらず、全ての病気に対し
「なってから」ではなく、「なる前に」を考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/147-ea6be8de