スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸内細菌バランスを崩すストレスの恐怖! 

「生活習慣病とは」Vol.15 

■ 腸内細菌バランスを崩すストレスの恐怖!  ■

ストレスは腸内細菌バランスに重要な関係があります。
ストレスを受けると悪玉菌であるウェルシュ菌が急激に増えるのです。
身体の健康を考えるなら、心の健康も同時に考えなければならないと言う事なのです。

大腸性過敏症候群」という病気があります。

腸自体には何の異常も見当たらないのですが、ストレスを感じると下痢・便秘になったりしてしまう病気です。

緊張やストレスで、下痢をしたり、便秘になった経験を持つ人は多くいると思います。

それほど、人間の精神状態と肉体は密接に関係しており、胃腸の年齢と生活習慣病には相関係があるわけです。

内臓の活動は自律神経によって動いています。
自律神経系は筋肉などと違い意志に関係なく動いているのです。
簡単に言いますと、心臓にいくら意志の力で止まれといっても止まってくれません。

しかし、自律神経系は人間の心理や精神と深いかかわりがあります。

ストレスをためてしまうと、神経伝達物質が大脳から自律神経系へ、そして消化液やホルモンの分泌を調整している内分泌系に伝えられ、血圧、心拍数を上げたりして、自律神経のバランスを崩して下痢や便秘などの異常を引き起こしてしまいます。

腸など消化器官は意外とデリケートで、ストレスや緊張で簡単に腸内バランスが狂ってしまうのです。





----------------------------------
ご存知ですか? 最先端の未常識サプリ

----------------------------------
『乳酸菌生産物質』『糖鎖栄養素』
『アント50』『天然由来150種の栄養素』

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/160-3a94de8a