スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲むエステ成分 

【シスチン】

シスチンとは?体内での働きは?

シスチンとは、含流アミノ酸の一種で、
髪の毛を作っているタンパク質の主要成分。

ケラチンに得に多く含まれ、
必須アミノ酸であるメチオニンが体内でシスチンに変わる。

主なはたらきとしては、
<傷の治癒の促進><ブドウ糖の代謝>などがある。
また、ほかの物質と反応して<解毒>するはたらきがあるので、

有毒金属 や喫煙、飲酒などで生じるフリーラジカル(活性酸素)や、
ある程度の量を摂取することで、放射線などの害から
体を守ることができるといわれる。

シスチンは牛肉、牛乳、羊肉、小麦粉、さけなどから
摂取することができる。


+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==

※有毒金属

鉛:排気ガスや汚染された大気、鉛管水道水に含まれる
カドミウム:喫煙による
砒素:農薬の影響で食物に含まれる
水銀等:食物、とくに魚介類
    (アトピー性皮膚炎の原因)
アルミニウム:水の中や土、動物、食品添加物や着色料など
       (痴呆症の原因)
+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==+==


 ★他に類を見ない★
新美白革命&デトックスに効果!スーパーサプリメント登場!!




---------------------------------------------------
★カテゴリ別に見ていただけるといいかなっ。(^_-)-☆
---------------------------------------------------


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/24-9c454ddc

ケラチンケラチンとは、細胞骨格を構成する蛋白質の一つ。細胞骨格には太い方から順に、微小管、中間径フィラメント、アクチンフィラメントと3種類あるが、このうち、上皮細胞の中間径フィラメントを構成する蛋白質がケラチンである。毛、爪等のほか、洞角、爬虫類や鳥類の

  • [2007/08/09 20:47]
  • URL |
  • 健康食品の栄養事典 |
  • TOP ▲