スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉酸 

葉酸

葉酸はホウレン草から見つかったビタミンB群の一つで、
その名の通り植物の葉に多く含まれます。

葉酸はアミノ酸や核酸の合成に必要となる補酵素であるため、

細胞分裂の盛んな箇所において欠乏症が現れやすく、
細胞の生まれ変わりが激しい消化器系の粘膜では特に必要です。

そのため、不足すると胃潰瘍(かいよう)や十二指腸
潰瘍
になり、またビタミンB12と同様、血液中に未熟な赤血球が出て
貧血を起こします。

またB12、B6などと一緒に働き、動脈硬化の予防にも関係しています。

動脈硬化は、血液中に普通は存在しないホモシステインという
アミノ酸が増えると促進するといわれます。
ホモシステインを減らすには、第一に葉酸が次いでB12、B6が必要です。
また、最近、新生児の脊椎(せきつい)二分症などの
神経管閉鎖障害の予防に必要なビタミンとしても注目されています。

妊娠前1カ月から妊娠3カ月までの間母親の葉酸が不足していると、
こうした障害を持った新生児が生まれる可能性が高いことも
疫学的な研究で証明されました。

おって、厚生労働省では、この時期の妊娠中や妊娠を計画している女性は、
葉酸を食品に加えてサプリメントからとることを勧めています。
妊娠中や、お酒をよく飲む人は不足しやすいことが知られているので、
そのような方は充分な補給に努めましょう。
同時にビタミンB12やビタミンCを摂ると、体内でより効率よく利用されます。

■葉酸の効果があると思われるもの
毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)・口内炎・貧血・動脈硬化・抗血栓・血行促進

■葉酸が含まれる食品例
いくら・にら・大根の葉・大豆・卵黄・モロヘイヤ・菜の花・アスパラガス
そらまめ・牛レバー・ほうれんそう・とんぶり・ヒマワリの種・小豆
鮭の筋子・ブロッコリー・たらの芽・納豆・小麦胚芽・ビール酵母 

  ※ただし、調理や長期間保存による酸化によって葉酸は壊れるため、
   新鮮な生野菜や果物が良い供給源となる


-------------------------------------------------------------------
食事から取り入れにくいとなると…
やはり、良質のサプリメントで補給というのも
必要でしょうね。  (o^^o)v

 予防医学に基づく次世代サプリメント
★ 資料請求はコチラから無料です ★

---------------------------------------------------
★カテゴリ別に見ていただけるといいかなっ。(^_-)-☆
---------------------------------------------------


その他「アンチエイジング」をお探しの方コチラ
★ 資料請求は コチラから無料です

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/47-9cb80ff3