スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『乳酸菌生産物質』の働き 



『乳酸菌生産物質』の働き


私たちの生命を、細菌やウイルスまたガンなどの
攻撃から守っている免疫機能のうち多くの部分を腸管が担っています







『乳酸菌生産物質』は腸を正常に保つことによって
腸管免疫(※1)を刺激し、活発な免疫細胞を増殖し、
血液によって全身に送り出す働きを助けます。

健康の基本は「腸」の健康だと言われます。

ところが、悪玉菌が増え腸内環境が乱れ、
腸の機能が低下すると免疫力も低下し、食中毒を起こしたり、
風邪などの感染症にかかりやすくなります。

腸が極度に弱っているときは風邪をこじらせ
肺炎などに悪化しやすく命取りになることもあります。
腸が弱っているとケガの治りも遅くなります。

『乳酸菌生産物質』で腸内環境を整え免疫力を向上させることは、
あらゆる感染症や炎症の回復を早め
健康体を取り戻すために大きな助けとなります。




(※1) 腸管免疫について

免疫とは外的(非自己)と味方(自己)とを識別するセンサーで、
外的が体内に侵入するとセンサーから指令によって
抗体という物質が体内で発生し、外敵に集中攻撃して排除するシステムです。

病原菌(抗原)などが体内に侵入すると、
抗体という物質が発生し、両方が反応すると、
アレルギーに対して防御などの作用が始まります。

腸内には、100種類以上の腸内細菌や消化酵素と、
神経伝達物質があって、不要で有害な物質を選んで取り除くのは、
腸管関連リンパ組織を中心とした免疫システムがあります。






=====================================================
『予防医学』の最先端をあなたも体験してみてください
=====================================================


その他「アンチエイジング」をお探しの方コチラ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/69-41789d9f

抗体抗体(こうたい、antibody)とは、リンパ球のうちB細胞の産生する糖タンパク質|糖タンパク分子で、特定のタンパク質などの分子(抗原)を認識して結合する働きをもつ。抗体は主に血液中や体液中に存在し、例えば、体内に侵入してきた細菌・ウイルスなどの微生物や、微生

  • [2007/08/09 17:18]
  • URL |
  • 健康食品の栄養事典 |
  • TOP ▲

「乳酸菌の、乳酸菌による、乳酸菌のための、腸内環境改善物質」

さて、健康の要ともなる「良好な腸内環境」をつくるための食品(飲料)としては、「生菌そのものを食品(飲料)としたもの」、そして「お腹の中の善玉菌を活性化する物質(エサ)」などがあることを、これまでに紹介してきました。

  • [2007/02/10 07:18]
  • URL |
  • 腸内スリム美人になろう!クチコミ情報局 |
  • TOP ▲

「乳酸菌、それはヒトの健康を土台から支えている存在だった!

今では、すっかり有名になった「乳酸菌」。そして、それがもたらす多くの健康効果も周知のものとなりました。巷には「乳酸菌入りの健康飲料」や、各種の「ヨーグルト」が出回っています。生きた乳酸菌を飲んで、腸にまで届け、そこで乳酸菌本来の力を発揮してもらおうという

  • [2007/02/09 08:14]
  • URL |
  • 腸内スリム美人になろう!クチコミ情報局 |
  • TOP ▲