スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薬をやめる」と病気は治る 



「薬をやめる」と病気は治る

  ● 「薬をやめる」と病気は治る ●
  安保 徹(新潟大学大学院医学部教授)著

という本をパラパラっと見ました。
先日の好転反応と同じく、

身体が熱を出したり、かゆみ、痛みを感じさせるのは
菌やウィルスをやっつける為であったり
血流を促進して治癒のために働いている作用
治るための通過状況である。



にも関わらず、
患者思い(?)の医者はその症状を抑えるべく
薬を処方している。    ~~~~~~~~~~~~

それは治癒、完治に至らしめるものではなく
あくまで抑え込み、逆に完治を長引かせている状況である。
           ~~~~~
人の「免疫力」を弱らせてしまう行為である

というような事が書かれていました。

また、

医薬品は交感神経を刺激するものが多く
自律神経に緊張を与える、つまり
血管を収縮させ血流を悪くするそうです。

それは痛みや、腫れを抑えるのですが
長期に渡り取っていると

血液の内容を悪くし、活性酸素を過剰に排出
粘膜組織を破壊することになるそうです。

鎮痛剤、ステロイド剤、慢性疾患処方薬・・・
特に気をつけて頂きたいものです。

緊急時であっても薬は治癒のための2~3割を
お手伝いするにとどめる事が大切です。

      

◆「あなたの身体は、治りたがっています!」◆
   
      ↑  ↑  ↑
     
  この事を忘れないでいようと思います。


『糖鎖栄養素』『乳酸菌生産物質』『抗酸化物質』
約150種類の相互作用で免疫力アップ↑↑


   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,  
       資料請求はコチラ
   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/79-2cbdd254