スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免役と白血球 



■■ 免役と白血球について ■■

骨の中に”骨髄”という呼ばれるものがあります。
血液は骨髄で作られます。

血液の中には、白血球があり、
これが体内に入ってきた異物を退治してくれるのですが
白血球にはいくつかのタイプがありますので、少し説明しましょう。

好中球:60パーセントを好中球がしめています。

    好中球は細菌を食べてしまう力があり
    体内に入ってきた細菌を食べ、身体を防衛してくれる
    兵隊のような役目をしてくれています。

マクロファージ:好中球が兵隊ならば、将校がマクロファージと
    呼ばれるものです。
    進入してきた抗原(細菌やウイルス)を認識し
    ヘルパーT細胞に伝える役目をしています。
    
    また、マクロファージは好中球と同じく
    抗原もどんどん食べます。
    別名を「大食い細胞」というほどです。

血球には他に、

リンパ球T細胞というのがありこれは3種類に分けられます。

ヘルパーT細胞:マクロファージから受け取った情報を判断し
    リンパ球B細胞へ抗体の作成と攻撃を命じる役目があります。

キラーT細胞:細菌やウイルスのやられてしまった細胞を
    破壊してしまう役目です。
    キラーの名にふさわしい殺し屋細胞です。

サプレッサーT細胞:侵入してきた抗原をやっつけたと確認したら
    他の血球に引き上げを命じます。

リンパ球B細胞:ヘルパーT細胞からの命令で、抗体を作り
    外敵に対抗します。

                  
これらの白血球が、異物である細菌やウイルスといった
抗原が進入してきたときに、闘ってくれるのです。

さらに、過去に体内に入ったことがある細菌やウイルスを
ヘルパーT細胞は、リンパ球B細胞から情報が伝わり
以前に作った抗体を作ります。

以前に一度作ったことがあるので、抗原が悪さをする前に
すばやく抗体を作り退治する事が出来るので
大きな病気になることはありません。

麻疹やおたふく風邪等が、一度かかると二度かからなくなるのは
こういうわけなのです。

これを”免疫が出来ている”といいます。

しかし、インフルエンザのように、数年に一度
もしくは毎年モデルチェンジをしてくると
そのたびごとに抗体をイチからつくらなければなりません。


そのために日数がかかり、その間に、体は侵されてしまい
病気になるのです。

エイズウイルスは、インフルエンザの100倍のスピードで
モデルチェンジ
するため、抗体を作る事もできず、
ワクチンを作る事も中々できないのです。


『糖鎖栄養素』『乳酸菌生産物質』『抗酸化物質』
最先端の全てがそろった免疫力・治癒力アップ↑のための
オールインワンパッケージ。

   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,  
       資料請求はコチラ
   *:♪・°'☆♪・°'☆・:*:・°'★,


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1me.blog21.fc2.com/tb.php/96-7dc9adcd